オーダーメイド情報局

オールレッドモデル(プロトタイプ)は通常の3倍!!

2017-11-08

製作日記

by オーダーメイド腕時計SLANT店長

SLANTでは、11月8日現在のオーダーメニュー選択できる色は「モノトーン系」となっています。

しかし、お客様からは「他の色を選んでみたい」というご要望も多くお寄せいただいています。

色が沢山選択できる方が良い!というご要望は全くごもっともですが、カラフルになったとたん、

(製作側の都合ですが)いろいろな面でハードルが結構上がってしまうんです。

でも、「お客様が求めているものを世に出してこそ日本のモノ作りではないだろうか!」

と勝手に盛り上がりを見せる中、12月初旬には「レッド」「ブルー」の2色をオーダーできるように

準備中です。この写真は全てのパーツをレッドで塗ってみて、スタッフがつけてみた感触を確かめたり、

屋外での見え方の確認をしたり、現在プロトタイプで試験中なのであります。

参考までにプロトタイプのSPECは、

 ケース:レッド(プロトタイプ)

 文字盤:アラビア、背景色レッド、インデックス色レッド

 針:ペンシル、レッド

 ベルト:カーボン調 レッド 白ステッチ入り

となっています。竜頭が黒で六角形なのは、テストサンプルモデルの竜頭を流用しているからで、発売の際は

通常モデルと同じく、サークルヘアライン研磨の円柱型になる予定です。ベルトもテストサンプルのもので、

ベルトの種類を増やそうと検証中のものになります。(腕にはめた感触が少し硬いので採用するかどうかは検討中です。)

文字盤・針についてはオールレッドで構成してみましたが、想定よりも時刻が見やすい感じになっていますので

機能性も損なわれていないと判断しています。

そしてオールレッドモデルという事で、、、通常の3倍の速度で時間が進みます!(←ごめんなさい嘘です)

 

という訳で、腕時計ケースのレッド色オーダーはまだまだ先になってしまうのですが、

先行して(12月予定)針・文字盤・インデックスは「レッド」「ブルー」がオーダーできるようになりますので、お楽しみに!